かるあ のメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS SilverlightとWindowsFormsのServiceReferenceの違い

<<   作成日時 : 2009/04/13 15:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

CodeZineのこの記事で作った方法だと、WindowFormsアプリケーションでサービス参照の追加時に非同期メソッドが追加されないんです。と質問を受けたのでちょっと確認。

通常、Visual Studio のサービス参照の追加から下のような画面を表示して、WebサービスやWCFサービスの参照設定を行う訳だけれど、Silverlightは非同期通信のみのサポートになるため、WindowsFormsなんかで作成するときと「詳細設定...」ボタンをクリックしたときの動作が変わります。

image

WindowForms

image

  • 非同期操作の生成チェックボックスをONにしないと非同期メソッドがProxyクラスに追加されない。
  • Web参照の追加ボタンから、Visual Studio 2005 で作成するWebサービス参照と同じProxyクラスを追加できる。

Silverlight

image

  • Silverlight は非同期通信のみのサポートなので、デフォルトで非同期操作の生成チェックボックスがONになり、レーアウトされ変更できない。
  • Silverlightでは、WCFのみのサポートとなるため、Web参照の追加ボタンは表示されない。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
タイトルのServiceRefarenceってServiceReferenceじゃないでしょか?(^^;
もり ひろゆき
URL
2009/04/15 07:05
あっ。。。
あざーっす。修正しました
かるあ
2009/04/15 08:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
SilverlightとWindowsFormsのServiceReferenceの違い かるあ のメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる