Silvelright + Prism のポッドキャスト

RSSを眺めていたら、Prism を使った Silverlight 開発のポッドキャストを公開しているページが合ったので眺めていた。動画だと英語がわからなくてもだいたい何をやっているかはわかるので、良い感じ。

Silverlight Prism
Prism for Silverlight - An Intro to Composite Applications

Silverlight3.0 なら Navigation Framework も良い感じなんだけれどね、Silverlight2.0 ならPrismかな。

 

内容はこんな感じ

1.アプリケーションをまとめる Shell.Xaml
    Prism は Shell に モジュールを登録してコンポジット名開発を行うので、まずは Shell.xamlの作成

2.Shell.Xaml の修正
    Prism 用 DLL を参照、
    xmlns の名前空間インポート
    アプリケーションのコンテナを作成

3.Bootstrapper の作成
    最初に起動される子
    Shell.Xaml を Unity Container から取り出して表示
    起動するときは、Application.Xamlを変えなきゃだめだね

4.モジュールの追加
    Bootstrapper の GetModuleCatalog をオーバーライド
    モジュールカタログに、Shellで起動するModuleを登録
    モジュールを作って、表示するViewを作って
    Viewに表示する用のViewModelを作って
    (おっ、ここでも Model-View-ViewModelだ~)

5.サービスの追加
    サービス用のクラスを作って
    Unity でインジャクションするから、サービス用のInterfaceを作って
    ViewModel がわで 実体化

6.Shellに配置するViewを修正
    xmlns の定義に Prism のタグを登録
    ViewModel をバインド

ダウンロード先

Liveコーディングってすごいよな-、ぼくだったら一度コンパイルに失敗したら焦ってなにもできなそうだ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック