Visual Studio インストールのおまけ(今回はVBの仕様書も)

Visual Studioをインストールすると、次のディレクトリにVisual Studioのアイコン集とC#の仕様書そして今回からはVBの仕様書というおまけが一緒にインストールされます。

 

■VS2010ImageLibrary

高品質なアイコン集です。今回のバージョンからは一部ですが、XAMLで定義されたアイコンも格納されています。ImageLibraryはVisual Studioをインストールした次のディレクトリーに存在します。

⇒ %ProgramFiles(x86)%\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\VS2010ImageLibrary\1033

 

■C#の仕様書

Visual Studio 2008では C#2.0 の仕様書と C# 3.5の仕様書の両方がインストールされていましたが、Visual Studio2010ではC#4.0で統合された仕様書が格納されているようです。C#の仕様書はVisual Studioをインストールした次のディレクトリーに存在します。

⇒ %ProgramFiles(x86)%\Microsoft Visual Studio 10.0\VC#\Specifications\1033

 

■VBの仕様書

Visual Studio 2008 まではVBの仕様書は添付されていなかったんだけれど、Visual Studio 2010 からは次のディレクトリーにインストールされています。Visual Basicの仕様書って初めて見た-。早く日本語で読みたい。。。

⇒ %ProgramFiles(x86)%\Microsoft Visual Studio 10.0\VB\Specifications\1033

 

ImageLibrary、両仕様書ともに日本語のVisual Studioを利用している場合は末尾の1033が1041になります。ImageLibraryはともかく、仕様書が日本語で読めるのは嬉しいですよねー♪

この記事へのコメント

2010年05月07日 10:12

VS2010 日本語版ではがっつり 1041 の下で日本語版になってました!>VB, C# 共に


ただし、
Express Edition の単体インストールだと入ってないみたいです。
2010年11月25日 22:10
HotDocumentを見てみると便利かもしれませんね。
標準ではないですが、結構使われています。
http://www.hotdocument.net/

この記事へのトラックバック