かるあ のメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS MVVM Light Toolkitをインストールしてみる。

<<   作成日時 : 2010/09/11 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは、もう夏も終わりですね。かなり久々なエントリーです。

MVVM Light ToolkitはWPFやSilverlight、Windows Phone 7でMVVMでアプリケーションを作成するためのフレームワークです。

なんとなく、こいつを使ってサンプルでも作ってみるか!!という感じなので数回ほどMVVM Light Toolkitを取り上げてみます。

 

0.MVVM Light Toolkitのダウンロード

MVVM Light Toolkitの2010/09/11時点の最新版はV3 SP1

http://mvvmlight.codeplex.com/

 

1.MVVM Light Toolkitのバイナリーを展開

GalaSoft.MvvmLight.Binaries.V3.zip を展開して、とりあえず次のフォルダーに配置する。
(UACの制御がかかると思うので注意。)

    C:\Program Files\Laurent Bugnion (GalaSoft)\Mvvm Light Toolkit

 

2.Visual Studioのテンプレートを展開

GalaSoft.MvvmLight.Templates.V3.VS10.zip を展開して、ユーザーテンプレートフォルダーに配置する。
ユーザーテンプレートフォルダーは、Visual Studio 2010の場合、デフォルトではここ。

%UserProfile%\Documents\Visual Studio 2010\Templates\

Visual Studio 2010の場合は、ここで確認する。
Visual Studio のメニュー[ツール]⇒[オプション]⇒[プロジェクトおよびソリューション]⇒[ユーザー プロジェクト テンプレートの場所]
Visual Studio のメニュー[ツール]⇒[オプション]⇒[プロジェクトおよびソリューション]⇒[ユーザー アイテム テンプレートの場所]

 image

3.スニペットの展開

GalaSoft.MvvmLight.Snippets.V3.zip を展開して、ユーザーのコードスニペットフォルダーに配置する。

ユーザーのコードスニペットフォルダーは、Visual Studio 2010の場合、デフォルトではここ。

%UserProfile%\Documents\Visual Studio 2010\Code Snippets\Visual C#\My Code Snippets

Visual Studio 2010の場合は、ここで確認する。

Visual Studio のメニュー[ツール]⇒[コードスニペット マネージャー]⇒言語をC#に変更⇒My Code Snippetsを選択

image

4.Expression Blend のテンプレートの展開

GalaSoft.MvvmLight.Templates.V3.Blend4.zip または、GalaSoft.MvvmLight.Templates.V3.Blend3.zipを展開して、Expression Blendのテンプレートフォルダーに配置する。

%UserProfile%\Documents\Expression\Blend4 (または、Blend3)

5.確認

Visual Studio や Expression Blendで新しいプロジェクトを作成しようとすると、プロジェクトテンプレートにMVVM Light Toolkitのテンプレートが追加されます。

image

image

 

と、今日はここまで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
MVVM Light Toolkitをインストールしてみる。 かるあ のメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる