アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ツール」のブログ記事

みんなの「ツール」ブログ


Groove のファイルを検索したい。

2009/05/25 23:34

この頃お手軽なこともあり、ファイル管理にGrooveを使うことが多いんです。
どこにいてもファイルを参照できるのはうれしいんですが、ファイルの検索ができないというかなり大きな問題があります。

CodePlexをさまよっていたらいくつか見つけたので紹介。

■ GrooveSearch
http://groovesearch.codeplex.com/
ワークスペースを指定して、ファイル名から検索を行うことができます。
中身までみてくれないけれど、リアルタイムで自分のワークスペースを検索してくれるのと、
検索結果のクエリと結果を保存して、ファイルの更新までできるのはうれしいかも。 ソースはCodePlexでは珍しくVB.NETで書かれているみたい。

■ Groove Web Services V12 Helpers
http://gwsv12helpers.codeplex.com/
なんだか、バイナリーがいっぱいあって見切れていませんが、GrooveAPIを使いやすく提供しているライブラリ群のようです。上の GrooveSearch は、この Groove Web Services V12 Helpers のライブラリを使って実装されているみたい。

こいつの中のGrooveDataExportersProjectsを使うと、Grooveのファイルをローカルファイルにエクスポートすることができます。
その後はWDSあたりのインデックス作成と絡めればWindowsの検索からファイルを引っかけられます。WDSを使うのでファイルの中身の検索もできます。

■ GroovyDesk
CodePlex ではなく、商用のソフトのようですがこんなのもありました。
http://www.groovydesk.com/
こいつの開発が完了していれば、こいつが一番楽だったのかも。
今のところGoogleDesktopSearchからの検索に対応しているとか。(試していないのでわかりません。)
WindowsDesktopSearch版も開発中とのことですが、去年の5月からリリースが止まっています。。。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1


aiNote が RC1 に

2008/09/25 12:45

アークウェイの aiNote の RC1 が公開されています。
aiNote

今のところマインドマップっぽい階層型のメモツールとしての機能しか無い状態ですが、動作がすごいサクサクしている印象があります。
マインドマップというと普段は JudeThink を使っているんですが、aiNote を使うと、ほんとサクサクしていて気持ちよくメモがとれるのでうれしいです。

マインドマップの機能としては、 JudeThink のほうが優っている部分が多いですが、
今後 SoftwareFactory 関連の機能が実装され始めるともっと面白くなりそうです。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


Microsoft Visual Studio International Pack リリース

2008/04/12 13:10

Microsoft Visual Studio International Pack 1.0(新日々此何有哉) より

International Pack はアジア圏の文字処理を専門に扱うためのライブラリですね。
Microsoft Visual Studio International Pack 1.0

今回のリリースに含まれるのは以下の7つで、それぞれ違う msi として提供されています。

    • East Asia Numeric Formatting Library(東アジアのための数値フォーマットライブラリ)
    • Japanese Kana Conversion Library(日本語かな変換ライブラリ)
    • Japanese Text Alignment Library(日本語テキスト整列ライブラリ)
    • Japanese Yomi Auto-Completion Library(日本語読みがなオートコンプリートライブラリ)
    • Korean Auto Complete TextBox Control(韓国語オートコンプリート対応TextBoxコントロール)
    • Simplified Chinese Pin-Yin Conversion Library(簡体字中国語Pin-Yin変換ライブラリ)
    • Traditional Chinese to Simplified Chinese Conversion Library and Add-In Tool(繁体字中国語と簡体字中国語間の双方向変換ライブラリおよびアドインツール)

ToDo: 一番使いそうなのは 日本語かな変換 かな〜とおもってたけれど、リリースノートをみていたら、テキスト整列(均等割り付け)とか、オートコンプリート(IMEを使った候補表示)もおもしろそうなので、ちょっと後で触ってみる。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


手元を拡大

2007/04/17 10:01
前回のわんくま勉強会で中さんが使っていた拡大鏡ツール。
その後 尾崎さん も使っているのを見かけた。
ZoomIt

いつものように Web を徘徊していたらたぶん同じものを紹介されている、エバンジェリストの 大野さんのページに行き着いた。
拡大鏡ではマウスカーソルが移動すると拡大される部分も移動しますが、ZoomIt では「ある場面」で画面のスナップショットを作成してマウスカーソルの場所をズームアップします。そして、拡大した(あるいは拡大しなくても)画面にマウスで「赤線」を引くことができます(これがデモのときに便利)。基本的に、これ以上の機能はありません。何しろ 44キロバイトしかありません:-) Windows で製品紹介をされる方は、ぜひお試しください。


使ってみるとたしかに Zoom するアニメーションなどには目をひかれるけれど、マウスで赤線を引くのはとっても使い道がある気がする。
あまりプレゼンをする機会はないのですが、とりあえず使う時があれば有効活用したいと思います。



記事へ驚いた ブログ気持玉 21 / トラックバック 2 / コメント 3


トップへ | みんなの「ツール」ブログ

かるあ のメモ ツールのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる